Calendar
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>
Recommend
New Entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Profile
Links
Mobile
qrcode
Admin
無料ブログ作成サービス JUGEM
Seach this site
2009.07.16 Thursday
目薬の選択
技術ブログのつもりが実にしょうもない日記の連続になっているのですが・・・。

ここのところ、長らくDBの設計と仕様書をカキカキしてパソコンの前に座ったままが多いので、どうも目が痛くなってしまいました。老眼もはじまったのか、どうも画面が見えにくい。

それで、点眼薬を使うことにしたのですが、真夜中近いので、薬屋に行くこともできず、そうだ!と置き薬の中を探してみました。
実は、うちには3つの置き薬があって、それぞれちょっとづつ違った薬が入っています。なるべくまんべんなく使ってあげたいのですが、まあ、安くてぴったりの薬を選ぶのに越したことはありません。

で、置き薬の箱の中をみると、それぞれに点眼薬が1つづつ。

1つは値段が他のよりちょっとお高いのでやめにして、残った2つのほぼ同じ値段の点眼薬のどっちを使おうかと悩みました。

で、悩んで。

箱の裏をみると、微妙に成分が違う。
けど、箱を読んだ限りでは、その違いがわからないのです。だって、どちらにも「目のつかれ・目のかすみ」にと書いてあるのです。いったい、どっちにすればいいんだ?

そう思ってネットで成分について調べてみると、

片方の主成分の「メチル硫酸ネオスチグミン」は、
http://www.interq.or.jp/ox/dwm/se/se13/se1319809.html
どうやら、目の調整機能を改善する薬。デスクワーク、PCワークむけだそうです。

もう片方の主成分「塩酸ナファゾリン」は、
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E5%A1%A9%E9%85%B8%E3%83%8A%E3%83%95%E3%82%A1%E3%82%BE%E3%83%AA%E3%83%B3
目の充血を抑える薬だそうです。

どっちともに入っている「クロルフェニラミンマレイン酸」は炎症を抑える薬、その他にも、角膜を保護する薬など、いろいろ入っているんだなーと感心しました。

とりあえず、デスクワーク用の「メチル硫酸ネオスチグミン」を使ってみることにしました。
後で確認すると、もう1つの高い目薬もこのタイプの目薬でした。しかも、箱には各成分の効用がくわしくかかれていました。さすが高い目薬。

しかし、箱にかかれている小さな説明の文字を読んでるとクラクラしてきました。いかん、ホントに目が疲れてる・・。目は大切にしたいものです。

| ねぎうぉっち中の人 | ただの日記 | 23:48 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
Comment









Trackback
URL : http://negiwatch.jugem.jp/trackback/7