Calendar
SunMonTueWedThuFriSat
  12345
6789101112
13141516171819
20212223242526
2728293031  
<< August 2017 >>
Recommend
New Entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Profile
Links
Sponsored Links
Mobile
qrcode
Admin
無料ブログ作成サービス JUGEM
Seach this site
2009.12.11 Friday
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
2009.08.27 Thursday
イーサネットシールドをはじめる
休憩時間を有効に活用してarduino(アルデュイーノ)を使っていろいろやってみたりもしましたが、後からネットで探してみると、同じようなことを考える人はたくさんいるのがわかりました。しかも、みなさん細かく説明付き動画付きでブログにアップしてくださっているので、中の人がその後を追いかける必要もないほどです。

1)テキストのLEDが光サンプルをつくったので次はスイッチで光LEDが次々に変わるスケッチをつくってみたけど、やっぱり先に作っている人がいた。
http://shin-ishimaru.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/arduinoled-1fc0.html
2)arduinoの入力をtwitter(ツイッター)に出してやろうとおもっったら、もう先につくった人がいる、というか、すでにライブラリーにまでなって出回っていた。
http://d.hatena.ne.jp/NeoCat/20090505/1241466723
3)ネギと連動して何かやろうと思ったら、何かの先をいって鉢の水分と連動したつぶやきをぽにょ風にしてツイッターにつぶやくスケッチをつくっている人がいた。
http://d.hatena.ne.jp/iwkn/20090322
4)イーサネットシールドを使う時に固定IPしか使えないのは不便だとおもってDHCPを使えるようにしたいなと思ったら、これもライブラリになっていた。(1と同じ人)
http://shin-ishimaru.cocolog-nifty.com/blog/2009/06/arduinoarduinod.html

まあ、簡単に思いつくことは誰でも思いつくってことですね。
植木鉢のしくみも、中の人が考えていた構造とほぼ同じで、もっとスマートなPHPが動くWebサーバが仲介してarduinoはインターフェイスにとどまる、というところまでそっくりでした。

いやもう出遅れて、中の人のスキルでできそうなことで、やり残されたことはないのかもしれません。

まあ、中の人が考えていたことで、まだサイトには載っていないのが、いなかの母のための象印アイポットもどきのシステムです。いわゆる「いなかの母がポットを使うとメールで知らせが入る」ってシステムです。調べてみると初期5000円、月額3000円くらいかかるサービスなので、arduinoとイーサネットシールドとあわせた料金でも充分におつりがくるなーと思いました。しかも、これなら連絡先をメールだけでなくツイッターにつぶやいたりもできるなーと思いました。

さて、そんな大活躍予定のarduinoですが、イーサネットシールドを乗っけてサンプルを走らせる段階で、大きな疑問にぶつかりました。MACアドレス問題です。

さて、イーサネットシールドをスイッチサイエンスで買った方には(どうやらamazonでも)、MACアドレスがついているそうなのですが、ストロベリーリナックスで買った中の人にはMACアドレスがありません。
あちこち探していると、起動させたarduinoに設定したipでアクセスしてその後「arp -a」というコマンドでMACアドレスを見られるとのことでしたが、MACアドレスを設定しないとイーサネットシールドは動かないようですし、仮のもので設定してみても、見れるのはその設定した仮のMACアドレスでした。

みなさん、どうされているのでしょうか?
サンプルにある仮のMACアドレスを使われているのでしょうか?
ちょっと心配になってwikiでMACアドレスについて調べてみると、48bitのうち24bit(最初の3オクテット)がベンダー、つぎの8bitが機種、最後の16bitがシリアルなんだそうです。そうすると、基盤の後ろに印刷されているtinker.itがメーカーだとすると、最初の4オクテットはみんな同じはず、と思ったのですが、どうも、サンプルにあるDE-AD-BE-EF-FE-EDというMACアドレスと、スイッチサイエンスからもらったと言われるMACアドレスが違うので、これもなにがどうやら、という感じです。
もっとも、IDEのサンプルにあるアドレス「DE-AD-BE-EF-FE-ED」は、dead beef feed で「死んだ牛の餌」なので、このMACアドレスが正式なものとも思えません。

ただし、wikiには「先頭オクテットの0x02ビットがグローバルアドレスとローカルアドレスを識別するビットであり、OFFであればグローバルアドレス、ONであればローカルアドレスであることを示している。」とあるので、deadbeeffeedは先頭オクテットがde。この2ビット目はDE=11011110で立っているのでローカルアドレスと判断され、それなりに有効なのかもしれません。

とりあえず、MACアドレス問題で力を使い果たしたので、今晩はここまで。

 

| ねぎうぉっち中の人 | arduino(アルデュイーノ) | 00:38 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2009.12.11 Friday
スポンサーサイト
| スポンサードリンク | - | 00:38 | - | - | pookmark |
Comment









Trackback
URL : http://negiwatch.jugem.jp/trackback/35