Calendar
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
Recommend
New Entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Profile
Links
Sponsored Links
Mobile
qrcode
Admin
無料ブログ作成サービス JUGEM
Seach this site
2009.12.11 Friday
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
2009.10.10 Saturday
iphoneアプリを選択の巻
さて、iphoneの使用料を心配しながらも、買ったからには使い倒してやろうとまずはアプリを選択しました。
これまで、クラシックのipod(カラーになって最初のやつ)を使っていたので、いろんなことができることにまず感激。いやー、ガジェットは試しておかないといけませんね。まずは今のメニューです。
メニュー1 メニュー2

ちなみに、iphoneのスクリーンショットは、ホームボタン(下の丸いやつ)と、スリープボタン(上の電源スイッチみたいなやつ)を同時に押すと、画面がパチっと白くなって、カメラロール(メニューの写真ってところ)に保存されるようです。それをパチパチとった後で、欲しい写真だけ選択してクリップボードにコピーして、メールに貼り付けるとパソコンに転送できます。同時には5枚くらいしか送れないかも(たくさん送ろうとしたらエラーになりました)

1.これまでザウルスで読んでた文庫をiphoneで読む

さて、青空文庫のフリー文庫本をこれまでザウルスで持ち歩いていたのですが、まずはこれをiphoneに統合。ネットでいろいろしらべた結果、「豊平文庫」というのがいいみたいなので、それにしました。450円。ちょっと高いけど、まあ、文庫本買うと思って。
豊平文庫 文庫
これが明朝体でかなり読みやすい。しかも、画面をフリック(なぜる)すると、ページがめくれるし、文字サイズも調整可能、背景色も選択可能、ルビもちゃんとついてるし、文句なしのできばえです。
ブックリーダーを探しているときに、「電子書籍には、本なら一目でわかる”いまどれくらい読んだか”って感じがない」という記事を読んだことがありますが、ザウルスにもありましたが、この豊平文庫にもちゃんとその機能がついています。本全体のどのあたりを読んでるかってのは、ページをめくるときに下のほうにスクロールバーがでてちゃんと教えてくれます。

2 買おうと思っていたポメラのかわりをさせる

最初に断っておくと、これは失敗の巻で、iphoneにポメラのまねはできません。ポメラユーザのみなさん、安心してください。実はiphoneの検討中にもちょっと気にはなっていたのですが、日本語入力についてはあまりいい評判を聞いていませんでした。なので、ブルートゥースもあることだし、外付けキーボードでもつければいいじゃん、くらいに思っていたのですが、その夢はなんだか不可能なようです。
というのも、iphoneのブルートゥースは入力系のデバイスはうけつけないようで、キーボードのインターフェイスをもっていないようなのです。ネットをさがしていると、あちこちであやしいアイテム(あやしいアイテム1あやしいアイテム2)を見かけますが、英語でかかれた説明をよくよんでみると「これはappleが対応するまで使えません」とか「説明いっさいなし」だったりします。
実際つかってみると、ソフトキーボードのピッチはかなりせまくて、特に母音でとなりあっている「I」と「O」は頻繁にまちがったりします。なので、「いっぱい」とうったつもりが、「おっぱお」となっていたりします。
そこで、なにかいいアプリはないかと思って、探してみると、iNoteというアプリが日本語入力を横書きできるということで、これを試してみました。
横キーボード
たしかに、少し打ちやすい。新しいPC買った時はかならずATOKのインストールから、という大の一太郎好きの中の人としては、日本語入力にはこだわりたいところなのですが、実は、しばらくiphoneをつかっていると、狭いピッチのソフトキーボードにも慣れてきて、最初ほどたいへんと思わないようになりました。
しかも、横キーボードはiNoteだけだから、メールやメッセやその他すべての入力を切り替えるわけにもいかず、おまけにメモはituneがoutlookのメモと同期をとってくれるので便利もよく、結局450円でしたが、使わないソフトになってしました。中の人にとってはちょっと失敗。(もちろん、有効に活用できる方もいるはず)。
そもそも、10キー式の入力のほうがはやくてよさそうなのですが、どうも20年以上qwertyキーボードやってるので、そこをなんだかqwertyのほうがはやいような気がして、結局、iphoneも通常の狭いピッチの縦キーボード使っています。

3 PDFビューワーの実現と欲張ってオフィス文書ももちあるく

さて、ザウルスのほうがすぐれてて、豊平文庫にはない機能というのが、自分のつくったテキストドキュメントを読む、という機能ですが、これはファイルビューワをもちあるくことで解決します。さらに、かねてからのPDFを寝床で読みたい、という念願をかなえるべく、iphoneにPDFビューワを導入することにしました。
さっそく評判をしらべると、かなりよさそうなのが、「Good Reader」。115円というお得な価格ですばらしい機能がついています。エクセルなどのファイルも開けるのですが、ここではPDFを。
GR1 GR2
取り込んだファイルをフォルダで管理し、それを開いて読むことが出来ます。拡大縮小、ページおくり、ひととおりのことはできます。さらに、ちょっといいな、とおもったのが、下のアイコンの3つめにあるボタン。これを押すと、テキストを抽出して、それだけで読めるようにしてくれます。
GR3
これもかなり便利。

さて、このかなりグッドはGood Readerですが、iphoneにPCのファイルをどうやって転送するのか、というと、左下の「PC<>iPhone」のアイコンをおすと、iphoneがサーバとして機能しはじめます。
GR4
この状態になると、画面中央にあるIPアドレスに、WifiのあるLAN内のPCのブラウザからアクセスすると、ファイルのアップローダのページがひらけます。これにはびっくり。WEBサーバの役目もできるんですね。
まあ、ただし、このWIFI-Transferモード中は、ネットワークLAN内のPCからアクセス可能ということなので、公衆回線のLANでこの機能を使うと、自分がiphoneにアップしているファイルを見られたりとられたりする可能性もあるので要注意。

ということで、iphone買った時の記事にも書いたとおり、想像以上に使いでのあるiphoneです。


| ねぎうぉっち中の人 | iphone | 10:43 | comments(9) | trackbacks(0) | pookmark |
2009.10.03 Saturday
iphone買いました
たいへん遅ればせながらも、中の人もiphoneを入手しました。
FOMAのデータカードを解約して、その足でソフトバンクへ。これだと一応「のりかえ」割引が摘要されるそうなのです。そうして、街中であれこれ書類を書いたり説明を受けたり、またされること2時間。なんとかiphoneを入手しました。
iphoneの箱 あったらしい

実は、 管理しているサイトでケータイからのアクセスに不具合があるとの報告を受けて、そのケータイがiphoneだというのを聞いて、ちょっとピンと来ていたのです。というのも、友人が最近iphoneに買い換えたのですが、どうもiphoneからはケータイサイトをみることができない(実はアプリを入れると見られるのですが)ということを教えてくれていたのです。
そこで「ああ、これからは、サイトも、PC用、ケータイ用、iphone用と3つつくらないといけないのか・・・」と少々がっくりきながらも、「まあ、逆にiphoneだからできることもあるかもしれない」と思いなおして、新しいWEBサービスのありかたを検討するためにも、iphoneを入手する決意をしたのでした。

かねてから複雑で説明をうけるのもイヤになるケータイの料金システムですが、iphoneもご多分にもれず、ホワイトプランになんとかサービス、ほにゃららサービスといろいろはいらなければならないようで、横山三国志の劉備玄徳みたいに「きまりは3つだけにする」みたいにわかりやすくしてくれればいいのですが、どうもそうはならないようです。
ソフトバンクのホームページによると、ホワイトプラン980円+S!ベーシックパック315円+パケット定額フル1029円〜に、本体の分割払い代金を足して、さらにキャンペン割引をすると、3000円くらいみたいなので、FOMAを解約すれば、まあ、なんとかなるかと思いソフトバンクにいきました。
ところが、説明を聞いた後で、「では、おねがいします」と言った後、カウンターに連行されてそこで聞く話によると、加入時には○○をつけないといけない(後で解約してもいいけど)とか、××をつけないといけない(後で解約してもいいけど)みたいなオプションが大量についていたのです。

そういえば、知り合いのディレクターが、iphone安いと思って契約したら、月に7000円くらい請求来てびっくりした、と言っていました。たしかに、ちゃんといらないサービスを解約していかないと結構な額になっていくなーとおもったのでした。

さらに、びっくりしたのが、壊れた時の修理代。
どうも液晶が割れるような壊れ方の場合、6〜7万円の修理代がかかるようなのです。
さらに、電池の寿命が短いとかで、1年くらいで9800円のバッテリーを交換。これが保険にはいると7800円ですむとかなんとか。

で、家に帰ると今度は友人に「おまえ、液晶フィルムと皮もちゃんと買ったか?」と言われる始末。
「iphoneはこのフォルムが美しいんじゃい!皮などつけんぞ」と言うと「いや、ぶつけた時のショックアブソーバーになるじゃろう」と言われたので、まあ確かに、ちょっとぶつけて7万円とかになったらやだなーと思い、皮とフィルムをつけることにしました。これまた安いものでも1000円くらい。

それから、使っていると確かにバッテリーの消耗もはやい。
充電にクレイドルがいるなーと思うと、これも2000円くらい。

なにかとお金のかかるおもちゃです。

さて、では買ったことを後悔しているかというと実はそうでもなくて、結構使いでがあることに気が付きました。
まあ、それはまたの機会にレポートすることにします。



| ねぎうぉっち中の人 | iphone | 23:59 | comments(0) | trackbacks(1) | pookmark |