Calendar
SunMonTueWedThuFriSat
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< December 2017 >>
Recommend
New Entries
Archives
Categories
Recent comment
Recent trackback
Profile
Links
Sponsored Links
Mobile
qrcode
Admin
無料ブログ作成サービス JUGEM
Seach this site
2009.12.11 Friday
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

| スポンサードリンク | - | | - | - | pookmark |
2009.12.07 Monday
槇原敬之「もう恋なんてしない」の歌詞の解釈

中の人はながら作業がなかなかできなくて、学生時代もラジオを聴きながら勉強とかそういうのがぜんぜんできなかったんですが、論理を考えるのではなく、画像の作成作業などの時は音楽を聴いたりしながら作業ができたりします。不思議です。脳みその使うところが違うんでしょうね。
それでもインストロメンタルの曲をBGMにすることが多いのですが、先日、ふと思い出したように槇原敬之さんの「もう恋なんてしない」を聴くチャンスがありました。



昔読んだマンガや小説を時間がたって読み直すと、人生経験が増えた分、新しい発見があるように、歌の歌詞にも経験やその時の状況でいろいろと違った感じにとれることもあります。まあ、何気なく聴いていたのが、ちゃんと理解して聴くチャンスがあった、ということもありますが。
そして、今回この「もう恋なんてしないなんて言わないよ絶対」の二重否定歌詞に再開したのです。

歌詞はここ
http://www.utamap.com/showkasi.php?surl=37066

さて、中の人は、「もし君に1つだけ強がりを言えるのなら」という条件のもと「もう恋なんてしないなんて、言わないよ絶対」と言っているので、本心は、「もう恋なんてしない」だと思っていました。
強がれるなら、言わないよ、強がらない本心は、言いたいよ、という解釈で、本人は「もう恋なんてしない」と思うほど、別れがとてもつらかったのだと思ったのです。「こんなにつらい思いをするくらいなら、もう恋なんてしない」というくらい君が好きだった。でも強がることができるなら「君が去っていっても僕は平気だよー」というふりをしていたい。でも、ホントは「君が去ってとてもつらい」という解釈です。


でも、今回また歌詞を聴いていると2番には「本当に本当に君が大好きだったから」という条件で「もう恋なんてしないなんて言わないよ絶対」となっています。なんだかとても前向き。
しかも、その前の歌詞で「二人で出せなかった答えは今度であえる君の知らない誰かと見つけてみせるから」と気持ちを切り替えています。この2番の歌詞だけ見ると、「君が大好きだった。君との恋がとても素敵だったから、またこんな恋をしてみたい(今度は失敗しないぞ)」というふうにとれます。

そこで思ったのです。
「もう恋なんてしないなんて、言わないよ絶対」という台詞には2つの意味のとり方があって、それは条件によってまったく逆の意味になるのですが、それをこの曲では1番と2番(というか2番とその後のところ)で別々に使い分けてるのでは?ということです。

1番では、「強がりを言えるなら、言わない」=君が去ってとてもつらい
2番では、「本当に好きだったから、言わない」=君とした素敵な恋を今度は失敗しないように別の誰かとまたしたい
ということで、1番から2番へ移る過程で気持ちが整理され、前むきになったのだという解釈もできるのではないでしょうか?

そう思って歌詞をみなおすと、
1番
僕はもっと寂しくなった (自分のこと・悲観的)
左に少しとまどってるよ (自分のこと・悲観的)
2番
捨ててしまおう (区切りをつける)
幸せと知った (過去を振り返ってそれでよかったと気づく)
心配だけど (自分のことは終わって、相手のことを気づかえるようになっている)
見つけてみせるから (前むき)

という流れになっていて、この後、
「ほんとうに〜ほんとうに〜」と続きます。

もっとも、「君の知らない誰かと見つけてみせるから」自体が、強がりともとれなくもありませんが、そう考えるより、
二人で暮らすことを窮屈に思っていた→彼女がでていって寂しくなった→一緒にいることが幸せと知った→今度は失敗しないようにガンバルという決意
ととらえた方がいいような気がします。そうするととで、この曲はふられた男が未練残して強がってる曲ではなく、恋ってすばらしいものだ、とい意味の曲だととらえることができると思います。





| ねぎうぉっち中の人 | ただの日記 | 18:40 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
2009.10.20 Tuesday
「2と1は等しい」 数学界で論議 をおかしくないと証明する

今日のニュースサイトで、「「2と1は等しい」 数学界で論議」というニュースがありました。
http://kyoko-np.net/2008090501.html
検索すると、けっこうアチコチで話題になっているようです。
数学者のみなさんも、どうしてこうなるかってことで、いろいろたいへんのようですが、中の人の見解では、これは別におかしくないと思うのです。

問題の2と1が等しいことの証明は、
証明
という感じで証明されていますが、これはa=bと仮定した時の式なので、実は4行目の(a-b)というのは0になります。なので、数式を

a×0=b×0
としてしまうと、aとbに何がはいってもOKになります。
そもそも、4行目から5行目へ移るときに両辺を0で割っているので、この式はなりたちません。

ということで、数学的にもユークリッド幾何学の根本はゆるがされてないのではないでしょうか?

----------------
後日談、、、というか、直後談

これ虚構新聞のネタでした。ひっかかってしまいました。
ナント。
しかも、記事が2008年の記事だし。。

なんだか、ヘンダな→解いてやる!→やったー解けた!
で、冷静さを失ってしまいました。。。トホホ。


| ねぎうぉっち中の人 | ただの日記 | 18:37 | comments(2) | trackbacks(0) | pookmark |
2009.10.16 Friday
キーボードの掃除

どこかのブログで読んだのですが、キーボードの中は結構ゴミがたまってすごいことになっている、ということで、中の人もキーボードの掃除をしてみました。実は今回で2回目。
キーを1つづつはずしていくとわかるのですが、キーボードを分解すると、たいへんなきたなさです。

キーの裏にも すごいゴミ

うえー。ホコリとか髪の毛とか、いろんなものがあの小さなキーのスキマから落ちて、たまっています。

キーはピンセットをつかって、テコの要領でもちあげるとはずれます(普通のキーボードなら)。周辺部のものはそうやってはずせるのですが、中央のほうのキー(まんなかの3列とか)は、ピンセットでははずせないので、ちょっとはずすのに手がいたくなります。
キーボードをピンセットで はずしたキーは洗う
はずしたキーはじゃぶじゃぶ水洗いして、その後、ぞうきんで水気をとって、乾燥させます。
すきまに入っている水は綿棒をあててやると乾きやすくなります。

キレイになったら、あとはもとの位置にもどします。メモ帳を開いて、確認しながらキーをもどしていきますが、ウインドウズキーやメニューキーなど、右下のあたりのキーはちょっと元の位置がわかりにくいかも。
掃除してもどす

全部もとどおりになると、見違えるようにキレイになります。洗ってよかった。
そういえば、ちょっと前にホームセンターでキーボードをキレイにするスライムみたいなのを売っていたのですが、こんどそれも試してみたいナーと思います。

今度はマウスの掃除かな。

| ねぎうぉっち中の人 | ただの日記 | 10:46 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2009.10.09 Friday
XBOX LIVE の解約

レッドリングが3つ光ってXBOX360が再起不能になったので、修理にだしていたのですが、意外と早く修理からもどってきました。最近のサポートセンターは、みんなWEBで管理されていて、申し込みも支払いも全部WEBでできて、あとはコンビニから着払いでサポセンに本体を送るだけ。便利になったと感じつつも、逆にネットがないとたいへんだなーと思った次第であります。

さて、そんなXBOX360ですが、修理から帰ってくると、XBOXLIVEの割引チケットみたいなカードがついていました。どうも、これでゴールドメンバーシップ(有料会員)の期間を延長できるらしいのです。
で、早速、登録しようと思ったのですが、XBOX本体からではなく、PCからアクセスしようと思ったのが失敗のはじまり。

実は中の人もメールアドレスを複数つかいわけているのですが、これだ!と思ったメルアドは実はゴールドメンバーシップのメルアドではなくて、その前の初代XBOX時代につくったアカウントでつかわれていたやつだったようなのです。それで、WEB画面に従っていろいろ設定していくと、なんと、2つ目のアカウントができてしまいました。

通常なら、下の画面のようにはじかれるのですが、おそらく旧XBOX時代に登録していたのでしょう、そこから正式登録画面にいってしまったのです。
サインイン
で、2つ目のアカウントができてしまいました。

それで、なんかそれも気持ち悪いので、削除しようと思うと、XBOXLIVEのページにはアカウント削除の項目がみあたらない。FAQで検索すると、
解約

どうも、解約のほうは電話でないとできないようです。

そこでさっそくサポセンに電話すると、自動音声で案内されること数分。担当者とつながりました。

それで簡単に事情を説明して、ゴールド(有料)はそのままシルバー(無料)のアカウントを削除したいことを伝えました。ところが、帰ってきた返事は、削除できない、というものでした。

どうも、無料会員のほうは、削除という操作はないらしく、一定期間放置しておくと、自動的に削除される、とういうことでした。うむ。それは納得したのですが、どうも気持ち悪い。
ちなみに、どれくらい放置しておくと削除されるかと尋ねると、半年から1年だそうです。

DBのリレーションの関係からか、単にそれを受け付けると作業量が増えるからなのかはよくわかりませんでしたが、とりあえず「XBOXLIVE」のメンバーシップに登録する時は慎重に。


| ねぎうぉっち中の人 | ただの日記 | 16:20 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
2009.09.14 Monday
読書の秋?中の人の最適ブックリーダー探し
ネットをよく利用していると、「あー、この記事、ソファーに寝ころんで読みたいな」とか「寝る前にベッドで読みたいな」とか「トイレで読みたいな」と思うことがあります。マニュアルなどがPDFになっている時もそうだったりします。

そんな時に、ふとサーフィン中にみかけたのが、このcrunchpadです。(記事はこちら

crunchpad

なんだか、とってもよさそうなので、あまり紹介して広まって品切れになってほしくないくらいなのですが、欲しいなーと思ったので書き込んでおきます。
ブラウザ閲覧を目的としたタッチパッド操作の薄いまな板みたいなガジェットですが、ブログの意見を集約して開発されたそうで、なかなかいいところをついた商品のようです。この冬に発売のようですが、ニュースをいろいろ検索したところでは、300ドルくらいということなので、4万弱という感じでしょうか。巨大なipodタッチという感じです。カラーなのはよいのですが、その分バッテリーのもちが悪そうで、こちらはおでかけ向きではないかもしれません。

もう1つチェックしているのは、Amazonのキンドルで、これのDXというバージョンがどうも同じくまな板サイズのブックリーダーのようです。もっともこちらは電子インクを使用しているので、モノクロですが、書き換え時以外は電力が不必要といううれしいしなものです。(記事はこちら

中の人としては、これらに、「ポメラ」がくっついているということなしなのですが。。。

さて話は少し変わりますが、今中の人が、ブックリーダーに使っているものを紹介しておくと、こういうものになります。

zaurs

実はむかーしのザウルスなのですが、これにMOREという拡張機能があって、文庫リーダーというソフトがあります。
 
menu more

実はこれがかなりのすぐれもの。テキストしか読めないのがつらいところですが、青空文庫などでゲットした文庫を入れておくとたいへん便利です。

本を選択 縦書きでよみやすい

本を選ぶと、縦書き表示。ボタンの左右で1行づつスクロール、上下で1頁づつスクロールなので、片手で読めます。

暗くてもOK

そして、もっとも優れているのが、ザウルスのバックライト機能。夜、ベッドで本を読む場合、あかりをつけなくていいので、助かります。おまけに1分で自動消灯。ベッドで読んでいてそのまま寝てしまってもちゃんと電源オフしてくれます。ということで、充電したバッテリーもかなり長くもちます。2〜3日は平気です(中の人の使用頻度では)

テキストのみなので、PDFなどはまったくだめですが、読み物を読むにはちょうどいい感じです。
(ルビつきテキストの場合は、ちゃんとルビをふってくれます)

青空文庫には、与謝野源氏が全部そろっていて、ちょっとびっくりしました。中の人が使い始めた数年前と比べて今はかなり充実しています。新旧の聖書も探しましたが、無料のプレーンテキストのものはないようです。

| ねぎうぉっち中の人 | ただの日記 | 02:29 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2009.09.09 Wednesday
インフルエンザとファーストフード

いや、中の人は、この春のインフルエンザ騒動はひそかにひややかな目で見ていたほうなので、この記事を書くかどうかちょっと悩んだのですが、ちょっと、あまりにも!なことだったので、書き留めて起きたいと思います。

(中の人は、インフルエンザは普通に対応するのがいいと思っている派なので、決して過剰に反応しているわけでも、してほしいわけでもないことを最初にことわっておきます)

というのも、昼食時のはなし。

ねぎうぉっちのための、赤色高輝度LEDを買いにでていた時のことです。
よく利用する100円パン屋さんがいつのまにかつぶれてしまって「ああ、低価格競争にまけてしまったのだな」と思っていたら、それはただの定休日だった火曜日、パンにしようと思っていた昼食をとあるファーストフードですませることにしました。
店内はいっぱいで、カウンターにすわって食事をしていると、となりに座った男性が食事を終えて、紙ナプキンを数枚手にとりました。そして、おもむろに、ジュジュジュジュー!と鼻をかみはじめたのです。
いやまあ、人が食べてる最中なのに、、とは思いますが、混み合った店内ですし、安い・うまいに、あまり文句をつけてもしかたないだろうと、そこはしょうがないと思ったのですが、その人は、鼻をかみおわった紙ナプキンを、まるめてどんぶりの中に入れました。

で、この鼻水つきの紙ナプキンはどうなるのだろう、と見守っていると、

店員さんがやってきて、当然ながら、どんぶりをさげていきます。

で、そのどんぶりの中の紙ナプキンはどうなるのだろう、と見ていると、店員さんはおもむろに手でつかんでゴミ箱に捨てました。これでばい菌ともバイバイキーン。いやでも、店員さんは素手で鼻水ナプキンをつかんだぞ、と思い、

で、その手はどうなるんだろう、と見守っていると、

生卵を入れるお皿の山をガッシとつかんで運んでいきました。
しかも、親指が皿の内側に。

いや、まて、皿をつかんだのは右手で、ゴミを捨てたのは・・・右手だったよなー。
いやいや、この店では、不浄なものは左手で、客に出すものは右手でというきまりがあるのかもしれない。
そう思って、また観察していると、別のお客さんの食べ終わった食器をさげてきました。
しかし、観察していると、なかなかゴミをすててくれない。で、しばらく見ていると、

あ、やっぱり、両手ですてているから、そんなキマリはないんだ。

と思い、もしも、さきほどの隣の男性が新型インフルだったりすると、やっぱり、あの皿に生卵を割る運命の人は感染してしまうのでしょうか?などと思いをめぐらせてしまったのです。

まあ、実際はどれほどのレベルかはわかりませんが、あまり清潔すぎるのも、獅子が我が子を千尋の谷に突き落とすのを止めるようで、自分の免疫システムをなるべく強化しておきたい自分としては、はやいうちにインフルエンザの耐性体になっておきたいものだ、とか思うのですが、清潔さに無頓着な中の人でも今日のできごとは、「へー、こういう経路もあるんだ」と思った次第です。

ああ、終わってしまった「RE:GENESIS」がなつかしい。



| ねぎうぉっち中の人 | ただの日記 | 03:21 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2009.09.05 Saturday
DELLの新パソコン・アップデートでログオン(ログイン)できず

デモ機のためにDELLのデスクトップを注文していたのが届いたので、セットアップしていると、ログインできなくなる、という不測の事態に陥ってしまいました。
調べてみると、どうもうちだけではないらしく、時々あちこちで起きている現象のようです。
パソコントラブル出張修理・サポート日記

うちの場合は、新規のPCをセットアップ後、最初の起動でウインドウズアップデート→再起動時にログインできずに「ユーザプロファイルを読み込めません」のエラー→「ログアウト」→「ユーザプロファイルを読み込めません」のエラーの無限の繰り返しです。

セーフモードでログインしようと試みますが、USBキーボードではうまく「F8」が機能せず、セーフモードでは立ち上がりませんでした。で、同じような症状の方のために、回復方法を。

(参考)
ログオンの処理に失敗しました

1)まず、USBキーボードではF8が効かないみたいなので、PS2のキーボードをさす。
2)電源を入れて、F8キーを押し続ける。先行入力のバッファがいっぱいになって「プププ」と音がしたら、ちょっとだけ指を話すがやっぱり押し続ける。
3)セーフモードの選択画面になるので、「セーフモード+コマンドプロンプト」を選ぶ
4)黒い画面で、
# net user test1 /add
# net localgroup administrators test1 /add
とうって、test1というアカウントを作成する。
5)通常起動で、test1でログオンする。

新しいパソコンだったので、ログインできなくなった旧アカウントを削除して、新しいアカウントを使うことで事なきを得ましたが、これがちょっと使ったじょうたいで、いろいろ設定が済んでたりやフォルダにものがはいった状態だと、ちょっとガックリきますね。
何にしろ、パソコン初心者が最初の起動でこうなると、かなりガックリですが。

何かのお役に立てばと思います。


| ねぎうぉっち中の人 | ただの日記 | 17:08 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
2009.09.04 Friday
夏の終わりの成長記録
いつもなら収穫にあわせて成長記録をつけるのですが、今日は収穫前日に。
前回の収穫の後の、8月6日〜9月3日までを1時間を1フレーム(30分の1秒)にしてまとめてみました。



途中で水不足のせいか、イタリアンパセリが一斉に倒れて、その後また復活します。まるで魔法でもかけられたかのようです。
さて、実は写真の一覧も取得できるので、そっちもまとめてみました。

成長記録サムネイル

下のほうにLEDが光っているのが見えます。
夜中遅くまで明かりがついてるのででこぼこしていますが、窓辺にあるので日出日の入りの時間はかなりくっきりラインになって現れています。およそ1ヶ月ですが、だんだん日が短くなっている感じもうっすらわかりますね。


| ねぎうぉっち中の人 | ただの日記 | 23:50 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |
2009.08.26 Wednesday
マルチタスク生活習慣がヤバイ?人間のマルチタスクって何?
戦闘機の制御方法で「フライ・バイ・ワイヤー」というのがありまして、「ワイヤーで飛ぶ」というので、中の人はてっきり、操縦桿と方向舵がハリガネでつながれていて人力で飛行機を操縦するものかと思っていたのですが、どうやらこれまで油圧だった飛行機の操作方法を電子制御に変えたものを「フライバイワイヤー」というのだそうで、それを戦闘機ヲタクな友人から教えてもらった時は「へー」と思ったものです。

いや、戦闘機の操縦方法について語りたいわけではなく、ここにでてきた「ワイヤー(wire)」ってのは「電子制御」をさしていて、普段われわれ日本人が「ワイヤー」というと、ハリガネをよじってつくったケーブルを想像しますが、日英のイメージの違いを言いたかったわけです。

前座が長くなってしまいました。そのワイヤーの意味だと思いますが「WIRED VISION」というサイトがあります。なかなか面白い記事が載っているサイトで毎日チェックしているのですが、昨日あたりでしょうか、興味深い記事が掲載されていました。

vw001

「マルチタスク習慣はオフライン時でも思考に悪影響?」

え?まじ?

記事によると「複数のテストにおいて、日常的に多くの情報の流れを操り、電子メールやウェブ・テキスト、ビデオ、チャット、電話などを駆使する大学生が、マルチタスクの度合が低い他の学生と比べて作業の進み具合が大幅に劣っていたのだ。」というのです。

ワイヤードビジョンのページに貼り付けられた写真を見ると、中の人はまさにこんな感じで、仕事している時は、正面にデュアルディスプレイのメインパソコン、右側にはスケジュールとスカイプ用のモニタ(タッチパネル)。右上にはニュースサイトを自動表示するようにした縦置き画面。左側にはメール用のモニタ、となっていて、しかも、メインのデュアルディスプレイは、スイッチして2台のコンピュータを切り替えられるようになっています。(お見せしよう思って写真をとってみましたが、ただ単に汚いジャンクディスプレイ置き場みたいになってしまったので、今度掃除した時にでもお見せします)

実は中の人は昔から、「ながら作業」というのが苦手で、音楽を聴きながら勉強、とか、ラジオを聴きながら受験勉強とかできなくて、音声外部入力があるとどうしても思考が停止してまっていたのですが、今は2つ3つの作業を同時に行いながらといういわゆる「マルチタスク型」の作業をすることがたいへん多くなっています。もちろん、記事にあるように、ニュースサイトをチェックしながら、時々メールが到着するのでそれに返事を書いたり、1日の間にあれしたりこれしたり、という感じです。

それで、この記事を見た時は少々「ぞっと」したわけです。
「うむ。確かに最近集中力が落ちてる気がする」

しかし、よくよく考えると、「人間のマルチタスクって何だ?」と思ったりもしました。

記事にある実験の内容については、簡単に説明されているだけなので内容をイマイチよく把握できなかったのですが、中の人も大学時代に心理学実験の被験者になって睡眠実験でなんだか似たような単純作業テストを延々とさせられたことがあるので、おそらく「単純な設問に延々と答える」ような作業だと思われます。

パソコンの場合、ワードとエクセルが同時に起動していれば、「ワープロ」と「表計算」の2つのタスク(プロセス)を同時に実行しているので、「マルチタスク」とわかりますが、表を使った説明文書を作成している人がいたとして、この人がワードとエクセルを同時に使っていたとしても、この人がマルチタスクな作業をしているとはちょっと思えません。

もっと言えば、1つのプロジェクトを行っている時に、メールや携帯電話をチェックしながらワープロ打ってても目的が1つならこれマルチタスクなのかな?映画を見ながらポップコーンを食べる。これマルチタスクなのかな?エレクトーンを弾いてる人、これマルチタスクなのかな?とか思ってしまうのです。
記事にある実験でも「マルチタスク度が高い学生と低い学生30人による別のグループを対象に」とありますが、これはマルチタスク度の実験ではなく情報機器にふれる時間の長さの実験であるのではないのかなーと思うわけです。

中の人は、時々料理をしたりしますが、30分で7品とかつくるのが好きで、スパゲッティとじゃがいもを一緒の鍋でゆでたり、3口のコンロを使う順番を無駄なく割り振るとかいう作業が好きです。そういう時、よくガスコンロの口が1つづつのプロセスに思えて、「キッチンでは同時に3プロセスできるので、もっとも効率のよい割り振りは?」と頭の中でテトリスがカチカチはまっていったりします。しかも、それは慣れてくるとあまり意識しなくても勝手に作業していたりすます。料理をする時は、つくる品ごとに調理のプロセスがことなり、「じゃがいもとスパゲッティを同時に茹でる」みたいなことをしないかぎり、その作業はお互いに交わることがありません。(ごはんを炊くのと、魚を焼くのはまったく独立した別の作業)。つまり料理はかなりマルチタスクな仕事と言えると思います。なので、マルチタスク環境と情報機器にはあまり関係はないのではと思ったわけでもあります。

さて、記事の意図を読み違えないように何度も読んでみましたが、マルチタスク自体が脳に影響を及ぼしているのか、それとも情報過多な生活環境でチェック症候群とでも呼ぶべき強迫神経症もどきの脳状態によって作業に大量のインタラプト(割り込み)が発生して作業効率が落ちているのか、ちょっと不明です。

あれ?
記事をここまで書いて、読み直してみると、なんだかバラバラな情報をあっちにいったりこっちにいったり。これがマルチタスク環境が脳へ及ぼす影響の結果なのでしょうか?確かに集中力に欠ける文章になってしまっていますね。

何がいいたいかと言えば、人間の生活自体が複雑なマルチタスクであると思われるので、マルチタスク自体が脳に及ぼす影響を測るのは難しいのでは?と思いました、ということです。
ワイヤードビジョンの記事で言われているマルチタスク=複数情報機器操作という定義だと仮定しても、「マルチタスクな環境(テレビやパソコン、ケータイに囲まれた生活)」や「マルチタスクを使いこなす技術(上手に情報機器を使う技術)」というものと「マルチタスクから影響を受けたと思われる生活(頻繁にメールをチェックしたいという気持ち)」は別のものなのではないでしょうか?

もしかすると、この「マルチタスク」という言葉がコンピュータ用語なので論文を書いた人は、同時作業を情報系に限ってしまったのでしょうか?それとも、マルチタスクには本来「情報系」同時作業という意味があって、中の人が間違って解釈しているのでしょうか?
もともとコンピュータの能力についての言葉なので、人間に摘要した時の意味が明確に定義されていないのかもしれませんね。擬人化の逆です。コンピュータは情報処理しかできないので、マルチタスクは必然的に情報処理の複数同時実行という意味ですが、これを人間にあてはめたときは、人間の能力にあわせて、「情報処理の」という限定をはずされるのかどうかは、わからない部分でもあります。

「フライバイワイヤー」の「ワイヤー」が日本人には、物理的作業をするワイヤーであるのに対し、英語の「wire」は、拡張的な意味をもって電気信号による仮想的な連結を意味する、この違いのようなものが、「人間のマルチタスク」には生まれつつあるのかもしれません。

畑仕事をしながら、鍋のふきこぼしに気をくばりつつ、子どもが帰ってきたかを玄関の外に出て頻繁にチェックしないといけない人をコントロール(対象実験)として同じ実験をした結果が知りたいものです。


| ねぎうぉっち中の人 | ただの日記 | 09:59 | comments(1) | trackbacks(0) | pookmark |
2009.08.25 Tuesday
猟奇的な彼女と韓流ラブストーリー

本業が忙しくなったからか、夏バテモードなのか、どうもあまりネギにかまう気力がなくて、あれこれとやってみたい実験はあるものの、ブラインドのあげさげと水やりばかりをやっている中の人です。

さて。

友人にDVDを貸し出すとなかなか返ってこない、というのがありますが、そんな中の1枚に、「猟奇的な彼女」があります。で、この度、WOWOWでアメリカ版の「猟奇的な彼女in NY」ってのが放送されて、それとあわせてオリジナルの韓国版「猟奇的な彼女」も放送されていました。

まあ、一度は見た映画だし、時間ももったいないので、録画を2倍速で見る、というのが、中の人の最近のWOWOWチェックではありますが、前にみたときよりもなんだか理解が深まって「猟奇的な彼女(韓)」のたいへんよくできた台本に感心したわけでもあります。

日本でも連続ドラマで草薙くんと田中麗奈さんでリメイクされましたが、アメリカでも劇場公開はなしでDVDのみの「猟奇的な彼女」が制作されたということで、今回OAされたのはそのアメリカ版です。
ところが、このアメリカ版(ニューヨーク版か)は、台本はかなりオリジナルを追いながらも、その「彼女」と「キョヌ(主人公男性)」の関係の微妙な違いから、なんだかちょっと違った感じの作品になっていました。
オリジナル(韓)は、早送りで見ても、うかつにも涙を流してしまった中の人ですが、NY版はなかなかそこまでのめり込めませんでした。(NY版ファンの方すみません)

それで劇中にもでてくる台詞でなるほどと思ったのが「韓国人はラブストーリーが好きだ」というところです。
まじにそうなのかも、と思いました。
というか、構成で見せるうまさってのが、韓流ドラマにはありますよね。
中の人は、ご多分にもれず「冬のソナタ」とか好きなのですが、別にヨン様がいいとか、チェ・ジウがいいとかではなく、その台本のすばらしさに惚れてしまっているのです。
まあ、中の人の他のお気に入り韓流は「彼女を信じないでください」とかなので、これは「フレンズ」とか「ジョーイ」とかと同じで単にシチュエーションコメディが好きなだけかもしれません。

「猟奇的な彼女」では一度みただけではちょっと気づきにくいですが、(ネタバレあり[表示]

(ねたばれここまで)これは本当にいい脚本だなーと思います。

ああ、どうして今さら何年も前の映画を熱く語っているのだ、と思いながら、語らずにはいられない韓流ラブストーリーのすばらしさに脱帽している中の人です。

| ねぎうぉっち中の人 | ただの日記 | 01:24 | comments(0) | trackbacks(0) | pookmark |